極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、先日OLIO.SPECさんに行った際に購入した
イギリス XSPC製のDual Bay Reservoir for Laing DDC pumpsのご紹介。

ちょっと野暮用で行った際に駄目元で店長?さんにXSPC製の商品取り寄せ可能か
聞いてみたんですよ。(まぁ結果は玉砕でしたがw)
その時に入荷した事をお聞きし、ラスト1個って事で思わず購入( ´ー`)y-~~



・・・・いや元々買う予定は無かったんですよ(;´Д`)
・この商品について
いわゆるポンプ一体型のリザーバになっており、DDCシリーズを2個取り付け可能。
ポンプ2台に対してリザーバ1個(共用)なので、水冷を2系統にする際は便利かも。
付属品は1台目側のポンプ取付ビスとライティング用の5mm?LED。

もちろん1台でも使用可能で、2台目部分はメクラ板が予め付いています。


さて、まずはフロント側から。
P7130221.jpeg
黒ベゼルですね。ただビス止めされているだけで、Oリングはありません。
リザーバ容量も見た目程広くは無く、高さの半分位と思って下さいな( ´ー`)y-~~


お次は後ろ。ピンボケは勘弁して下さい(;・∀・)
P7130225.jpeg
2台目側のG1/4ネジ部分にはメクラが付いています。
水の流れはこんな感じ。

・上部のG1/4→リザーバ部→リザーバ内のポンプ用穴→ポンプ→下側のG1/4から吐出。

上部のG1/4入水口が家庭用の蛇口みたいな形をしています。
蛇口の真下にあるのがポンプへの穴ですね。
P7130230.jpeg


ただ、この商品吐出側のネジ部がイマイチな作りを。写真の右側はEK製のハウジング。
P7130231.jpeg
ちょっと見にくいのですが、実物はインペラ部から吐出のネジ部までの穴の広さが違います。
XSPCの方が狭く、DDC標準のハウジングに近い広さになっています。
多分EK製品より流量は若干落ちるかと思います(;・∀・)


まだこの商品の動作確認はしていないのですが、今週中までには振動具合も含めて
試験しておきたいなぁ・・・・( ´ー`)y-~~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/95-d9867eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。