極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はポンプ編です。これがそんな選択肢がないので簡単ですかね( ´ー`)y-~~
それと某掲示板のスレに記載があったので、ポンプの新商品について管理人が知っている範囲でお話しようかと。
・ポンプの性能差について
一つのポイントとなるのが「揚程」という言葉です。
関係者じゃないと聞きなれない言葉ですが、要約すれば下記の様になります。

・ポンプの運転による吐出圧力を水の高さで表した物

・・・・まとまっていないですね(;・∀・)
早い話が吸い込んだ水をどこまで高く上げられるかを数値化した物となりこの数値が高い程、
水枕やラジエターを増やしてもしっかり廻ります。(水枕やラジエター等の負荷に負けないって感じ)

・じゃあ何を買えばいいか?
~その1~
ポンプとリザーバ一体型か分割にするか、方向性を決めるのがいいのでは?
前者はコンパクトに纏まるのがメリット。後者は分離されてるが故各々を変更しやすいところです。
「こっちがいい」というのはないので、ご自身の環境にあった物を選ぶといいと思います( ゚Д゚)y─┛~~

~その2~ お財布が寂しい人やとりあえず水冷を試したい人向け
ずばりJingway製ポンプでしょう。写真は600Nですね。
DP1200.jpg

揚程1.8mの流量450L/hの無難な一品。600Nの方は音が静かなので入門商品としては抜群ですね。
価格も4,980円と比較的リーズナブル。
・・・ただ、600Nの高揚程版が国内販売する予定?(1~2ヶ月後?)なので、時間がある人はちょっと待った方がいいかも。

※補足 Jingwayシリーズについて
上でちょっと書きましたが、幾つかのシリーズが国内販売されるかもしれないです。
現在、試験して動作音や性能を確認している最中だと思われます(;・∀・)
600Pが音・性能で問題ないようならこちらに切り替わると思いますよ。

・DP-400  揚程2.2m 流量400l/h(NEW)
・DP-600P 揚程2.6m 流量600l/h(NEW)


~その3~ お財布に余裕があり、後々のパーツ追加にも十分対応させたい人向け
まぁ残りの1択になるのですが、Laing製の2つのポンプになるでしょう(;・∀・)

こちらはLaing DDC-3.15 RTPMC DC-Pumpですね。
DDC1RT_LRG_20090321122821.jpg

揚程3.7mの流量420l/hとかなり高性能です。Laing DDC-3.2 TPMPとこれより高性能タイプがあるのですが、
人によっては「高音」が気になるという意見をチラホラ聞いたりします。
管理人的には、DDC-3.15 RTPMC DC-Pumpが一番扱いやすいと思っていますよ( ´ー`)y-~~
後D-4(D-5)があるのですが、これも性能がいいのでありかと思います。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/13(火) 05:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/83-05123bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。