極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日までは、駆け足で主要パーツを説明してきましたが、今回からは各パーツに
絞って説明していきたいと思います。(・∀・)
といっても、あんまり難しい事はなしにしたいとおもふ・・・(;・∀・)
さて、水枕です。
日本国内だと販売店や水冷を知っている人には「水枕」で通りますが、海外だと
「WaterBlock」が一般的です。まぁ英語だから当たり前か・・・(;・∀・)
種類としては、CPU用・VGA用・チップセット用・VRM用が一般的ですね。
中にはメモリ用やHDD等ちょっと変り種?があります。

これがCPU用
XPSilver_LRG.jpg
物は違いますが、大抵CPUとの接着面は銅製になっています。
XIREX_Stealth_CPU_3_LRG.jpg
チップセット用
NB-SB-4-Acetal_LRG.jpg

CPU水枕の写真に先端が黒い金具が2つあるかと思います。
これがフィッティング(継手)と呼ばれているもので、水枕と配管を接続する様な物だと
思っていただければ(・∀・)

仕組みとしては、非常に簡単です。
片方の穴から水を流す→銅プレートの熱を水で吸熱する→もう片方の穴から水が排出される。
これだけです。
単純ですが、各製造会社は「より冷える」「圧力損失を低く」等研究して販売しているみたいです。

詳しい話はその2で説明したいと思いますので今回は、「とりあえずこのメーカが(・∀・)イイ!!」
という感じで(;・∀・)

・Alphacool(ドイツ)
CPU水枕はある種の鉄板だと管理人は考えています。他にはチップセット用も幾つかあります。
・EkWaterBlocks(スロベニア)
このメーカーの(゚д゚)ウマーな処は、チップセット水枕の豊富さとVGA水枕の対応の早さです。
後、水枕の各社マザーボートに対応する対応一覧表が出ているのも(・∀・)イイ!!
KOOLANCE(設計はアメリカ)(製造は韓国)
とにかく水枕やフィッティング等製品のバリエーションが豊富です。
EKと並んで新型VGA用水枕の対応の早さも売りの一つ。但し、フィッティング類が若干割高
なのとアルミ製トッププレートと金メッキ銅プレートを一緒(電蝕を誘発させる原因の一つ)に
する等ある意味チャレンジ精神にあふれる感じ(;・∀・)

ほんじゃ続きは次回で(;´∀`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/7-325be41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。