極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は実際にパーツ選び。
予算と用途別に数回に渡り管理人のオヌヌメ構成を書こうと思います(;・∀・)
まぁあくまで主観程度なので、その辺踏まえたうえでどうぞ(・∀・)
~Case1 初めての水冷・・・・お金掛けないでまずはやってみたいな(´・ω・`)~

・予算:2万円位
・ターゲット:とりあえずあんまりお金掛けないで水冷にしてみたい人


いわば入門編ですね。「水冷化=お金がかかる」って考えの方、結構いらっしゃると思います。
正解でもあるし間違いでもあると管理人は考えます。まぁ突き詰めればお金がかかるのは事実なんですが、
手軽に水冷化する事も出来るのです(・∀・)


~管理人オヌヌメ構成1~

:CoolingLab H2O Basic Set@18,900円

CoolingLabさんが選定したスターターキット。CoolingLabさんとOLIO.SPECさんで購入できます。
内容はCPU水枕、ラジエター、リザーバポンプ一体型、チューブにフィッティング、冷却液。
必要な物はラジエターに付ける電動ファンのみ。ラジエターサイズと電動ファンも選択できます。
2万円弱である程度本格的な水冷化が出来てオヌヌメです。各パーツも大手メーカー品より冷えてくれます。
後からチップセットやVGAを水冷化しても問題なし。

但し注意したい点は下記の通り。
1.リザーバーとポンプが一体化している事。
2.NBやVGAを水冷化する事を念頭に入れてる場合、ラジエターは最低120cm×2(240)以上にしておく事。
3.ポンプの能力が「ある程度」なので過度な期待は出来ない。

言葉として一番いい表現は「スターターキットとしてはいい。」だと思います。
「CPU+何か」を水冷化する分には問題ないセットです。
「初心者が始めるスターターキット」この一言に尽きると思います(;・∀・)
管理人も構成はちょっと違いますが、この様なセットでE6750+P35を水冷化して十分冷えてました。

ってことで次回は、予算3万円とある程度汎用性のある構成についてです( ´ー`)y-~~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/34-b85b220d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。