極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回4:16でBIOS起動出来なかった件、少し検証してみました。


~基準設定~
Vore1.48125V(Boot時)-1.56250V(OnOS時)、VTT1.325V(Boot時)-1.375V(OnOS時)
Vdimm1.79V、PCH1.30V、PLL1.80V、BIOS(A51) 、4:16な7-7-5-20-60-1T


左:【QPI Freq=3.20GT CoreClock:4567.7MHz QPI-Link2382.1MHz 32M完走*2】
中:【QPI Freq=4.80GT CoreClock:4497.1MHz QPI-Link3519.5MHz 32M完走*2】
右:【QPI Freq=5.33GT CoreClock:4496.8MHz QPI-Link3910.4MHz 32M完走*2】

2_BCLK1985_32M_320GT1.jpg   3_BCLK1955_32M_480GT.jpg   4_BCLK1955_32M_533GT.jpg


ん~~Uncore内部のQPIバスで引っかかってる感じですね。
メモコンに関しては、2000C8でも以前の様に7-7-5-20-60の1960MHZ付近まで32M完走するので
こっちではなさそう・・・。
VTT1.40V、Vdimm1.80V、PCH1.325Vまで上げてみましたが完走Clockは変わらず。
ここで引っかかるってことは、メモリ緩めてBCLK220でも起動しない訳です(汗

他のBIOS(A70とA71)で同じ様に確認してみて回避出来ればいいのですが・・・。
まぁダメならVTT盛るしかないですけど前回のLN2時のデータをきちんと控えてれば(汗
やっぱ集中力なくなるとダメっすね。


それでわ~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/302-c130989f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。