極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早速だが、水冷PCってなんよ?(´・ω・`)って方や
水冷PC怖え~よヽ(`Д´)ノって方にざっと説明。

昨今のCPUやVGA等は低発熱化の方向みたいですが、それでも上位パーツや部品数が
多ければそれなりに熱いです。(´・ω・`)
要はCPUやVGA等主要なパーツを「水」を使って冷やしましょって事。

PCを水冷化するメリットとデメリットはこんな感じ。
【メリット】
1.相対的に空冷に比べて冷却能力が高い。(物によっては、30℃近く温度が下がる)
2.冷却能力の高さを静音側に振り向けて静音を追求出来る
3.発熱源を1箇所で冷やすので、構成によってはファンの数が減らせる。
4.ドリルやねじ等工作好きにはたまらないはず・・・・(;・∀・)

【デメリット】
1.装置が大がかりになりがちで場所を取る。(きちんと考えればコンパクトに収まるかも)
2.どうしても水漏れの可能性が・・・。(きちんと組めばほぼ大丈夫。)
3.メンテナンスがあるので一度組んでしまって何年も放置はちょっと・・・。
4.手ごろに組むのにはそこまでコストが掛からないが、本格的にやり始めるとお金が・・・

ん~デメリットの方が目立つ・・・(;・∀・)
ってことでその2は、次回です(・∀・)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/3-4acb78d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。