極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、CPU-Zの記録は更新しましたが、Vcore&VTTがそこまで高くないので
少し盛った塩梅を確認してみました。


【CPU-Z】
※1回だけ試してみましたが更新はなし(爆

【256.1*23=5891.4MHzの1M 7.250s】
1_1M_BCLK256_1_Vcore187375_VTT141_PCH130.jpg

Vore1.87375V(LLC ON)→BCLK=254.1MHzの1M1回目で即BSoD←何となく想定内(爆
Vore1.87375V(LLC ON)+VTT1.41V→BCLK=256.1で5回完走。←上記の記録
Vore1.87375V(LLC ON)+VTT1.41V+PCH1.36V→BCLK=250.1付近BSoD


なんでしょう・・・。とにかくPCHを盛るとすごい愚図りました(汗
PCH1.32~1.36Vの0.02V刻みで確認していましたが、

「兎に角クロックが上がらない」
「OSのピロピロ→起動完了の間でブルスク」
「ピロピロ手前でブルスク(爆」


久しぶりにブルスクのオンパレードでした(汗


-165℃付近→-126℃付近の繰り返しだと燃料があっという間になくなるわけで(汗
今回長距離も焼きたかったので(というかLN2で長距離焼いた事なかったので)
一旦切り上げて残り2Lは長距離に廻しました。

そうそう、540(クラークが??)って経験談というか勘なんですが、πを上で焼く場合、
PCH側を盛ってあげないと廻らんのでしょね。それも、ソコソコのスポットを外すと全然ダメだし。
今回のが、「受け付けないのか」、「適正値がもっと上なのか」はわからんですが(汗

ってことで、長くなりそうなんで、長距離は別記事で。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/290-c8ea31c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。