極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の検証に引き続き、1M完走限界を引き上げる為の検証をしていました。
今回の検証内容として、

1.PLLは固定させてPCHの適切値を探る。
2.1項が決まった処で、VTTを盛ってどうか。

この2点に絞りました。
結果としては、この検証結果というか方向性で問題なさそうでした。

~デフォな設定~
Vcore:1.8275V(LLC ON),VTT:1.39V,Vdimm:1.76V,PCH:1.22V,PLL:1.700V,
QPI-Link:28倍,2:6な7-7-5-20-1T-60

PCH:1.24V→BCLK=252.6MHzで1Mを5回完走。
     1.26V→BCLK=253.0MHzに上げた瞬間に電源落ち
     1.28V→BCLK=253.0MHzで1Mを5回完走。253.4MHzで1M3回目、3Loop目でフリーズ。
     1.30V→BCLK=253.4MHzで1Mを5回完走。

前回は1.36Vが一番良かったのですが、VTT値が異なるので空冷時の値から
0.02V刻みで再確認。
PCH:1.30Vが良さそうだったので、そのままMAXクロック挑戦。

【262.12*23=6028.7MHzのVali】
【253.4*23=5827.5MHzの1M 7.329s】
60289_7Vali.jpg   5827_5@7_329s


とりあえず大台に行けたので一安心(藁


で、ここから

1Mのタイム縮めて~

と思いっきり欲が出てしまいました(汗

「PCH値を上げてじっくり確かめる・・・・」もふと頭によぎったのですが、
我慢出来ない子なので力技でVcoreを上げる方向に。

【254.2*23=5845.6MHzの1M 7.313s@Vcore1.840V】
5845_6@7_313s@Vcore1_840.jpg

ほんのり自己記録更新。でも微妙(汗
この時点で液体も底をついたので撤収。

※ひどいもんです(核爆
PC194623.jpg   PC194626.jpg

~総括と次回検証項目~
1.空冷の検証方法が生きて良かった(藁
2.以前はVcoreとVTTしか目が行かなかったけど、PCHやPLLも重要(爆
3.もう少し上で焼きたい。(今回をベースにしてVTT→PCH→Vcore??)
4.1Coreは板が届いてから検証。


話はそれますが・・・。
この機材でここまで来れた事が一番嬉しいですねぇ。
途中、石や板を変えてやろうかと思いましたが、何かに負けた気がするのでパス。
少しは物の性能を絞り出せた様な気がします(藁
いい機材達に恵まれて感謝感謝。

・・・それでもまだ上は狙いますが。

それでわ~。
コメント
この記事へのコメント
Re: やりましたね~
Gyrockさん、お早うございます。

> 自己記録更新と大台突破、おめでとうございます~!!

有難うございます~。

> PCHって何か分からんけど効くんですよね~、結構
> あとはやっぱりもう少しVcore入れたいですね~

ですねぇ。
個人的なイメージなんですけど、
πを安定させる=PCHを盛る、高クロックで走らす=Vcoreを盛る
こんな風に感じました。

なんで、次回はVoreを入れて行こうかと。
もうちょい上で走らせられそうな感じです。

> あっ、そろそろブツ送りますね~

了解しました!

それでわ~
2010/12/20(月) 06:43 | URL | レヴァにら #-[ 編集]
やりましたね~
自己記録更新と大台突破、おめでとうございます~!!

PCHって何か分からんけど効くんですよね~、結構
あとはやっぱりもう少しVcore入れたいですね~

あっ、そろそろブツ送りますね~

ではでは~
2010/12/19(日) 15:10 | URL | Gyrock #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/287-8762bb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。