極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセトン吸いすぎて頭が痛い('A`)



昨日、ネットで調べた肉屋ドラ5Kとホムセンでアセトンを購入して早速L006B895 2米を廻してみました。
ちなみに、氷屋だと思って店に行ったら肉屋だったのは秘密です(爆

DVC00044.jpg


結果から言えば、石を廻す以上に「極冷のやり方」な部分での収穫が大きかったです。

・BIOS温度と温度計の温度差→圧着の合否。
・-64.5度の表示にテンパるな(爆→極冷ジャンパをONにし忘れ、BIOSの1項目設定し忘れ(汗
・アセトンは自分の体にはムリ→深夜3時半な撤収時にアセトンが気化して頭痛が('A`)
・メモリの比率とタイミングは細かい処まできちんと調べておけ→MNHな意味がなし



まぁ色々ありすぎました。えぇ、テンパりまくりました。その結果が




L006B895@2米、開始約10分で昇天(核爆




POST34とピープ音余裕でした。ひどいもんです(汗
こんな状況で断定もクソもないですが、余りVTTは突っ込めない子だったかな???



ってことで、急遽2回戦。
石はもはやメモリチェック用になったB880#2。

【L006B895 2米@SS 207.5*29=6017.3MHz】
207_5×29=6017_3_2Core


【L006B895 2米@1M完走限界 195.5*29=5670.1MHz】
207_5×29=6017_3_2Coreの確証pi


【構成】
CPU:Core i5 655K(L006B880な#2)
MB:EVGA P55 FTW(A70)
Mem:A-DATA AX3U1866PB2G8-DP2
VGA:RH4350-LE256HD/HS
SSD:X25-V Value SATA SSD SSDSA2MP040G2R5
電源:SST-ST75F-P
OS:XP SP3
室温:20℃位
Pot:WB-03
Table:SHT-02Rev2.0

【設定@EVbot】
Vcore:1.9200V,Vtt:1.425V,PCH:1.375V,PLL:1.675V,Vdimm:1.83V



ん~結果も微妙(汗


Vcoreは~1.95V程度まで盛っても伸びしろなし。(→VTT足りてない??)
倍率を30倍~31倍に上げてもMAXクロックは変わらず。
29倍なBCLK207時にPCI-Eクロックの確認が出来なかったのが、悔やまれる処です。


そうそう、この記録なのですが、廻し始めの方に撮ったSSです。
右往左往しているうちに、板なのか石が原因なのかドンドン耐性が落ちてきました。(→175*29でOS起動が不安定に)
ん~難しいですね(汗



今回の最低目標であった6GHz超えは達成しましたが、この程度では満足出来ません。
今現在のHWbot上の655K記録、10位にTakezoさんの6374.5MHzがあります。
山は大きいですが、この記録は更新したいところ。(Takezoさん生意気言ってすいませんm(_ _)m)



それでわノシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/245-f94eab2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。