極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~全然更新しなくてすんません。ツイッターの方はちょこちょこ書いていたんですけどね(汗


ってことで、更新。
解体したケース本体が塗装屋から戻ってきたのでうpしてみます。
今回、当方の諸事情もあり塗装屋に塗装を依頼しました。依頼先は有限会社大東塗装様。


こんな感じで梱包されて段ボールに入ってきました。まだ使用していませんが、タッチアップ用の塗料と硬化剤が
添付されてて中々いい感じです。

p100000.jpg


・中板とMBトレイ
レザートン焼付塗装というのでお願いしてみました。
今まで自分で塗装していたのですが、やはりというか塗装膜が薄いのでケーブル配線等をやっていくと
ボロボロ剥がれてしまうんですよね(汗
ということで、傷が付きにくいレザートン+焼付。一般的なメーカーPCのケース塗装等に採用されてるそうです。

p100001.jpg   p100002.jpg   p100003.jpg


・PCIブラケット
細かい処まできちんと塗装されてます(当たり前っちゃ当たり前か(爆

p100004.jpg


・太陽光にあててみますた。
1度、通常の焼付け塗装を施したあとに塗料の霧を粗くした粒子を、模様のように
吹き付ける塗装方法のようです。中々落ち着いた黒になり、出来としては「かなり満足」

p100006.jpg p100005.jpg


・こんな感じで【組立中】
実際に組み立ててみましたが、やはり傷が付きにくかったです。
ただ、あくまで「塗装」なので塗装面を金属にぶつけたり、すり合わせていくと剥がれてしまいます。
p100007.jpg   p100008.jpg


いや~ファンなんかの延長ケーブルがもっさりで大変ですわ・・・orz


ってことで今回はおしまい。ノシ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/214-6d41e9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
何でもセクションのAです。 今回は先日に取り扱いました個人様案件のPCケース塗装をご紹介したいと思います。
2010/05/17(月) 11:00:20 | 大東塗装スタッフブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。