極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週から出張中な管理人であります( ゚Д゚)y─┛~~

ってことで、先週末にSR1とEK-Supreme LTをIYHしたので、先行してCPU水枕の圧損だけを
測定してみました。
LTはSupremeのライト版であり、複雑なチャネル構造はしていません。その分価格もお安め。
結果は「続きを読む」からどうぞ。
テストステーションの構成はいつもと同じです。
ただ、チューブ長が若干長めになっています。(長くて20cm程度ですが)
下の写真の左側がID3/8チューブで、右側がID1/2チューブでの測定時の写真です。
PB290620.jpg   PB290619.jpg


んじゃ結果の方へ行ってみます。
111_html_ba0c9a4.jpg
前評判通り圧損が低い事がわかりました。LTが頭1つ抜けた形ですねぇ(´ー`)y-~~
これなら低価格のポンプでも十分廻せそうです。

お次はID1/2時のデータです。
111_html_m3362102b.jpg
3/8時と同じ様に圧損は他の製品と比べて低圧損な値を示しました。


使用しているポンプがXSPCのX20 450(定格流量 450L/hr 揚程 1.8m)なんで、決して
高スペック品ではないのですが、CPU水枕+ラジエター程度なら十分すぎる感じがします。
水没ポンプなので、静音向きでもありますしね( ・∀・)


ってことで、今回はここまで。
追試でラジエターの圧損も測定し途中だったので、今週末にはそちらもアップ出来そうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/159-c3c8bc05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。