極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ってことで、DFIのP55板であるDK P55-T3eH9を購入してみました。
DDR3環境がX58しかなかったので、CPUとメモリも同時に買ってきましたよ( ´ー`)y-~~
・・・・・実は色々とあったのですよOTZ

まずこんな感じ。
まぁこの辺はすでに公表される画像になりますね(;・∀・)
P9260457.jpg

バックプレート側。
P9260458.jpg
ASUSのMⅢFでもあったはずですが、miniUSBポートがありSPIライタの接続口として
使用出来るそうです。でも、肝心の物と手順って・・・?

水冷化する人には気になるVRM部分。
P9260459.jpg   P9260460.jpg

EKのP45やX48用水枕は、そのままでは流用出来そうもないですね(;・∀・)
どちらかと言えば、EKのASUS 3aが合いそうな気が・・・・。

板裏側。
P9260461.jpg

チップ側はEKのNB/SB6だったかな、それが行けそうです。
(何故測定していないかは後ほど・・・・・)


さて、購入してきた物をセットアップして電源ON!!→・・・・アレ?(;・∀・)

どうした診断LEDとピープスピーカ!!

7セグは全く点灯しないわ、メモリスロットを色々変更してもだめ、電源を(ry、CMOS(ry
一応基本的な確認はしました・・・・。

実はこの現状、VGAが死んだ時に1度なったのですが、その際はゲフォ8400に変更して
クリアしたのですよ。
で、8400はそのまま試験用に使っていたのですが、まさかこれが・・・・?(;・∀・)
もう検証用の予備パーツね~よ・・・・OTZ

予備部材がないので、恥かしながら購入先のOCWさんにメールしてみました。
有償でも診断してもらって白黒ハッキリさせてもらえば、なんとか・・・。
こんな処で言っても仕方ないのですが、OCWさん、どうかこの板を見てやって下さい・・・OTZ


「やっぱ予備パーツは1式持ってないと」と、久しぶりに思い出された1日でした・・・・OTZ
ちょっとお疲れなので、VRM等の寸法取りは、また後にします・・・・OTZ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/127-2193a9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。