極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Acrylic Reservoir for Laing DDCレビューその1の続きです。
まぁリザーバなんで大した物はないです(;・∀・)
下の写真にあるような構成で試してみました。
構成はXSPC X2O 450 Pump/Square Reservoirレビューその2と同じです。

実際に使用してみましたが、接続口はXSPC X2O 450 Pumpと同じ様になっており
ノーマルなレグリスだと液漏れしてしまいます。
この辺は1011のOリングに変更するか、Oリングを2重にするかで対処は可能です( ´ー`)y-~~
P0001.jpg

リザーバ内部。
内部が見にくくてすいません(;・∀・)
その1でも少し取り上げたのですが、リザーバ上部から注水されるこの商品。
ケース内部に入れたら結構使い勝手はいいかも。(例えば天板に設置してるラジエターと接続とか)
P0003.jpg

Laing DDCポンプと合体させて廻している処ですね。
関係ないですが、DDCの揚程はアナログ読みですがしっかり3.7m出ていました(;・∀・)
P0002.jpg


管理人はメインとサブPCの両方とも天板にラジエターを設置しているので、上から注水出来る
リザーバは助かります(・∀・)
ラジエターからのチューブを無駄に長くしなくて済みますしね( ´ー`)y-~~



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://laevanira.blog67.fc2.com/tb.php/111-16b4f2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。