極冷OCと水冷パーツと自作PCパーツとうどん(゚Д゚)ウマーや家系(゚Д゚)ウマーその他モロモロ(;・∀・)  

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

HWbot.orgで活躍中の日本のOC集団Team KATANA Japan

をこっそり応援してます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今さっきまで655Kを廻しておりました。まぁそっちは別記事にしましょう。



で、乾くまでブラブラっとネットを彷徨っていたのですが・・・





とある写真を見て愕然とし怒りが沸いてきました(怒





あえて個人名までは出しませんが、自分では「石への冒涜」と思った次第です。
同じ冷やす人間、もっと大きく捉えればOCする人間として怒鳴りつけてやりたい位です。

先の報告になりますが、凡ミスで540昇天させてしまった事もあり言える立場ではないのかもしれません。
そんな自分でも決してLN2の中に石を入れて写真をアップするなんて「発想」すら出ません。
別にイベント等ではないんでしょうし、完全に悪ふざけにしか思えません。


まぁここでグタグタ言っても仕方ない事なんでしょうが、余りにもひどいので・・・。

それでわ~

スポンサーサイト
実際に-140℃~-110℃辺りで2~3時間使用してみた所感です。

~冷え具合~
やはり銅ということもあり冷えますね。手持ちの540じゃ余裕のヨッチャン(爆

~応答性~
剥離しているので何とも言えないのですが、WB-03と比べて材質が異なるのもあって
数テンポ遅れて冷え始める感じ。


突沸させる前はノロノロ冷えていくんですけど、突沸後は少量の液体でも
ガンガン冷えていきますねぇ。
温度変化するまでタイムラグみたいのがあるので、それを踏まえてコントロール
するのは面白かったですけど難しいっすね(汗


後、突沸が派手で豪快だったのが一番面白かったです(藁
升自体に問題なく、2万円で購入出来たので満足満足。

P1094685.jpg   P1094686.jpg   P1094688.jpg   P1094692.jpg


年末ヤフオクで落としたクリプロ4、本日到着しました。
実際こいつでぶっかけるのは来週になるかと思いますが、まずは問題なく到着して一安心(藁

P1014656.jpg


実際に手に取って改めて思ったんですが、銅重いですね。当たり前の話なんでしょうけど(汗
容量?も手持ちのWB-03より少ない感じですし、底部の穴も浅く小さめ。
こういう細部の差というのはまだ解りませんが、非常に楽しみな処です。
ただ、Gyrockさん宅で使用した物とはセンター部が若干違いますね。(突起がなかった)

P1014661.jpg   P1014663.jpg


で、早速断熱材を巻いてみました。
今まで底面部には断熱材は付けなかったのですが、胴体だけを巻いただけでは熱電対のセンサー部が
むき出しのままでしたので、底面にも。
巻き方がきたないのはご愛嬌ということで(汗

P1014675.jpg   P1014677.jpg

これから長い付き合いになる1品。大事に使っていきたいですね。

それでわ~

ぶっかけたのは日曜日の午前中だったのですが、実際には土曜日の夜から
イソイソと準備しておりました。


というのも、またというかPOTが石に密着しない(爆

通常、ソケットのバックプレート部分が板裏面より若干高くなっていますが、
こいつのオカゲで板がグラグラなわけです(藁
その状態でPOTをおけば当然傾いてくるわけで・・・。


で、まずはなんとか板を平行しようと右往左往。
            ↓
よくよく板とテーブルを見ると、PS2ポート側に傾く事が判明。
            ↓
板が平行になる様、右手前にスペーサ突っ込めばいいのでは?
            ↓
     206593662.jpg
            ↓
右手前を押さえながらで並行OKそう
            ↓
今度はアームを突っ込んだ際に微妙にPOTが傾いている事が判明
            ↓
センター出し再調整。相変わらずビシッ!!とセンターが出ない事にorz


結果、今までにない位密着。
いつもなら-70~-80℃でポロッとPOTが外れたのですが、今回は-50℃でも手で外れる気配なし。
思わずスッポンする処でした(藁


えぇ、どうも今まできちんと密着していなかったみたいです(汗


まぁ不幸中の幸いというか、単に学習していないというか・・・
いい勉強になりました(汗
次回に生かしたいと思います。


~おまけ~
CPU水枕をEK-Supreme LTに変更。ついでにAquatuningのクイックリリースカップリング
を導入。低圧損で思った以上に便利。

PC124620.jpg

我が家のWB-03とLN2の組み合わせ。

ドラエタの時とは違い、温度コントロール難しいっすね・・・。
手持ちの540(Vcore1.84V、BCLK=250Over)、常に液体を入れていないと、
あっという間に-158℃→-155℃位になるのには、流石にヒーヒー言ってます。
逆に少しでも多く液体を入れようもんなら
ガンガン温度が下がって行くので、画面をじっくり見ている暇なんぞ与えてくれません(藁


【画面】 Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 【POT】


な感じです(藁

そのおかげ?なのか分りませんが、「この温度でこれだけの量入れるとCBまで行く」
というのは何となくですが、分かった気がします。
まぁたまに量入れすぎて、念+BCLKを上げる事によりブレーキをかけていますが(汗

それでも、なんか楽しいです(藁

後、10Lが1時間半強で空になってしまいますねぇ。短期決戦??
銅POTはもっと空になるのが早いんでしょうか・・・。


【無事購入】

       流石ホムセンだぜ。
        ∧,,∧  .∧,,∧   
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) でも通販の奴どうするんだ?
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u' ケチくさい事言うなよ。



物はスタイロフォームですね。
板の大きさに合わせた大まかな加工をしています。まぁもう少し加工しますが。

DVC00097.jpg

これで週末は廻せそうです。

もう11月で御座います。
養生材が週末入荷とのことで週末廻す事が無理っぽいヨカンであります。



【養生材待ち中】

    ∧,,∧  ∧,,∧  早く入荷して下さい
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 今週廻せないんじゃね?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'  ガンバレ材料屋!!

          



時系列順に追っていきましょう。


20:20頃 養生開始

20:40頃 暖気運転開始


20:58:12 「おっしゃ~!!やるべ~!!」と意気揚々




21:01:00 瓶にラーメンカップ1杯も無い事が判明




21:01:16 デュワー瓶本体の重さだった事に気づく。




21:02:34 凹む  

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

22:27:16 一番絞りと魚肉ソーセージに逃げる(涙



以 上!!


この借りは今週中には返す(キリッ

orz

ご心配かけておりますm(_ _)m

とりあえず昇天させた日は凹んでましたが、翌日には回復しておりました(藁
まぁ初回からコケるのは自分らしいっちゃらしいので、仕方ないねでパス(藁
まぁお財布の中は凹んだままでしたが(爆


で、板と石を無駄死にさせない為にも、色々とアトバイスを頂き外回り中に
買ってまいりました。


20mmのお安いゴム板+5mmのお安い(ry

20101029-3.jpg   20101029-1.jpg


実測で26mmちょいありましたが、水冷レベルではかっちり〆こみは出来たっぽいです。(無事生存)

20101029-2.jpg   20101029-4.jpg


板と石ですが、流石にこの状態でE659をもう1枚・・・とはいかないので
お安い戯画のP55A-UD3Rと540、530を買ってまいりました。
練習台には十分であります。

まぁ買ったからには早速廻してみましたが、水冷レベルでは問題なさそうです。
そういえば、この石4:16より4:12の方が伸びたなぁ・・・。

BLCK耐性220_4   水冷1M上限5013_3

ってことで、本題のぶっかけは明日~。
無駄死にしませんように(-人-)ナムー


先ほどまで虎の子のE659の生存確認を行っていました。どうも昇天させたみたいです。
石を昇天させた時と似ていたので石だけかな~と思ったのですがorz


石の昇天はまぁいいとして(おいっ
何故に板まで昇天させたかと、ちと考えておりました。
VRM廻りが焦げてる形跡はありませんので、思いつく節としては



パターン断線か水没による内部パーツ昇天



どちらかと言うのはわかりませんが、この位しか思いつきません。


で、SHT-02 rev.2.0の養生を再度確認してみました。
MB下で使用している養生材はウレタンスポンジの20mmで、その上に5mmのゴム板+ティッシュ。

PA174533.jpg

トータルで25mmになりますが、+5mmしているとはいえ下地はスポンジなんで
〆ていけばいく程凹んで行き、CPU廻りは湾曲しているはずです。
オマケにドラの時とは違って、板もLN2の冷気をもろ浴びて縮んでるはず・・・。


板上の養生は基本ティッシュにしています。
ティッシュ上面は濡れていましたが、下面はガチガチというか少し固まってる?
感じでした。
ただ、ソケット上部のコイル2つを触ったら濡れてるんだよなぁ。紙のっけていたのに。

ん~少し大佐殿のこことGyrockさんのここを参考にして材料を探してみないと。


あっWB-03の保冷材ですが、思いっきりひび割れ?しておりました。
枡が膨張した際にベリベリっと逝ったのでしょうか・・・・。

PA174531.jpg   PA174530.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。